家さがし応援講座 住宅会社の選び方

case01 「だまされそうで怖い」

“十分納得して建ててほしい”。そう思っている会社はちゃんとあります。

なぜ住宅会社は信用されないの?

ここに残念なデータがあります。住宅を建てた人のうち32%が「もう一度やり直したい」と考えているというのです。よく“家は3回建てないと、思い通りのものができない”と言われますが、それにしても約3分の1もの人が後悔しているというのは、私たち住まいづくりに携わる者にとっては、大変ショックなことです。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?それは、お客様と住宅会社側に大きなギャップがあり、そこを埋めるだけの努力が十分になされていないことに一つの原因があると、フジケンでは考えています。では、そのギャップとはどういうものなのでしょうか。

ギャップが生まれる原因はどこにあるのでしょうか

知識の差がコミュニケーション不足の一因に

お客様が住宅を建てられる経験は、おそらく一生に一度か二度のことでしょう。一方住宅会社はというと、町の小さな工務店でも年に3棟くらい、フジケンでは約150棟を建築しています。それだけ頻度に差があれば、知識に差が出るのは当たり前。そこにギャップが生まれるのです。

ところがお客様がご存じないことを埋める努力をせず、むしろそこにつけ込むような営業をする業者が存在します。たとえば「予算の落とし穴」でもご説明した坪単価の表し方。坪単価に定義や罰則が設けられていないのを良いことに、できるだけ坪単価を下げて安く見せる方法が、しばしば用いられます。

ガスも電気も引き込まれていない、建物だけの「本体価格」を、バルコニーやポーチまで含めた全施工面積で割れば、坪単価を安く見せかけることはできます。反対に同じ建物でも、インフラ整備をした上で、延床面積で割れば、坪単価はぐんと上がります。

そのからくりを知らず、安さに惹かれてやってきたお客様は、彼らが「オプション」と呼んでいる工事をしないことには人が住める家にはならないことを後で知り、「こんなはずではなかった」と、せっかくの家づくりを後悔の中で終わらせることになるのです。

知識の差につけこむ業者もいるのでご注意ください!

互いの納得を大切にしている会社を選ぼう

このような現状を恥とし、良心的な営業活動を行っている住宅会社はたくさんあります。見分けるめやすとしては、やたらと契約を急がせる会社や、こちらの話を聞かずに自社の物件のアピールばかりする会社は断ること。

きちんとした会社は、お互いに納得した上で家づくりに取り組みたいと考えていますし、自分たちの都合で契約を急かせることもありません。お客様が十分理解するまで説明することも絶対に嫌がらないはずですので、遠慮せずにどしどし質問をぶつけましょう。

case01 まとめ 「質問をはぐらかさず、施主のペースに合わせて進める会社なら安心」

case02 「良い会社をどこで見分ければ良いの?」

会社に体力があることは必要最低条件。

年間棟数(実績)をチェックしましょう

何十年と住み続けるための建物を建てるのが住宅会社の仕事。その会社が潰れてしまっては、住まい手様に多大なご迷惑と不安を与えてしまうことになります。そうならないために住宅会社に必要なのは、まず体力であると言えるでしょう。

いま日本では、人口の減少に伴って住宅供給数も減りつつあります。その中で年間棟数の少ない会社の倒産率が高く、年間50棟以上建てている会社は倒産しにくいというデータも出ています。棟数の多さは、それだけ多くの人に選ばれており、人気が高いということの証明にもなります。住宅会社を選ばれる上で、ぜひ心にとめておいてください。

年間棟数50棟以上の会社は倒産しにくいというデータも…

小手先の対応をしない会社ですか?

住まいづくりをされるお客様の本音は、「良いものを安く手に入れたい」だと思います。でもそれは、「安ければ何でも良い」ではないですよね。たとえば初期費用が多少必要でも、長い目で見てお得な提案であれば、受け入れたいと思っておられると思います。そしてそういう提案こそ、プロがするべき仕事だとフジケンでは考えています。

たとえばフジケンが近年力を入れているものに、地震対策があります。強くて丈夫な家をつくるのはもはや常識ですが、私たちがおすすめしているのは、地震エネルギーを吸収する<制震>というシステムです。

なぜ制震システムの導入をおすすめするかと言うと、阪神淡路大震災の時に、家具の下敷きになって亡くなられた方が多かったことに理由があります。ただ強くて固いだけの家では、地震を受け止めた時の衝撃を吸収できず、揺れを軽減することができません。「ジーバ」という制震システムでは、地震による揺れを2分の1以下に抑えます。そのことによって、命を守り、家財を守り、地震後の補修費用を大幅に軽減することができます。

「ジーバ」の初期費用は約30万円。それを高いととるか安いととるかはお客様次第ですが、私たちはこうした将来を見据えた提案に重きを置いています。

フジケンは長い目で見た安心を大切に、制震システム「ジーバ」を取り入れています。

「住まいに本当に必要なもの、必要でないものを真剣に考えている会社を選びましょう」

case03 「聞きたいことがあっても、売り込まれそうで行けない」

気軽に訪ねられる窓口を設けている会社も増えていますよ

自信のある会社は売り込みません

フジケンもそうですが、多くの住宅会社は「ただ買ってもらえれば良い」とは考えていないはずです。一部の強引な会社のために、ぐいぐい売り込まれると思われているのは残念なことですが、私たちはお客様に喜んでいただきたいですし、その家で幸せになっていただきたいので、押しつけはしていないつもりです。

お客様目線の会社は、お客様が質問しやすいように、いろいろと工夫を凝らしています。そうした会社のイベントやセミナー、見学会などがあれば、積極的に参加しましょう。フジケンでもハウジングサロンを設けて、住まいに関する情報が得られるようにしているほか、資金計画セミナー、土地探しセミナー、設計相談、モデルハウス見学など様々な催しを開いています。それらの催しは一家族様から開くことができますので、お気軽にお申し付けください。

何をして良いかわからないという方、大歓迎です

一つのめやすとして、地元密着型の住宅会社を選ばれるのも良いと思います。地元の企業は、地域の人に嫌われてしまえばそこで生活していけないので、そうそう強引なことはできないからです。それに互いに地元に住んでいれば、一度くらいご縁がなくても、またどこかでご縁ができることも起こります。そのため、ごく自然に丁寧で親切な対応になるのです。別にフジケンを押し売りするつもりはありませんが(笑)、有効な選択肢だと思います。

フジケンのハウジングサロンでは、「まだ何も決めていないけれど、家づくりについて知りたい」という方、大歓迎です。私たちのところで知識を得て、他社で建てられてもそれはそれで構いません。私たちは地域の方に、「こんなはずではなかった」と後悔してもらいたくないのです。どうぞお気軽にハウジングサロンに遊びに来てください。

住まいの情報が得られるフジケンのハウジングサロン

住まいの情報が得られるフジケンのハウジングサロン

case03 まとめ 「強引な会社はパス。真剣に話を聞いてくれる会社は必ずあります」

家さがし応援講座

予算の落とし穴
不動産会社への勘違い
土地探しの落とし穴
住宅会社の選び方
まずは何から始めるべき?
買い時を逃がさないために
ページの先頭へ戻る

© FUJIKEN Co.,ltd. All Rights Reserved. フジケン 一戸建て 岡崎市