家さがし応援講座 不動産会社への勘違い

case01 「まだ先のことだけど、 いい土地が出たら教えてくれるよう頼んでおこう」

そういう頼み方をすると損。見込み薄のお客様だと思われてしまいます。

不動産会社とは

不動産会社の仕事は、「売り主から土地を預かり、買い主に紹介する」ことです。交渉成立となれば、売り主、買い主の双方から仲介手数料を受け取ります。この仲介手数料が不動産会社の主な収入源。ということは・・・。できるだけスムーズに契約を成立させないと、仲介手数料が手に入りません。従って不動産会社が本腰を入れる買い主とは、次のような人たちということになります。

不動産会社が本腰を入れるTOP3

不動産会社の本音

反対に次のような買い主に対しては、不動産会社はどうしても動きが鈍りがちです。

不動産会社の本音

条件を絞り込んでおかないと、不動産会社は動きにくい

多くの物件を取引して、仲介手数料という収入を得ている不動産会社。営業マンもすべての案件に全力投球するわけにはいきません。そこでどうしても、「出たらすぐ買う」というお客様が優先されることになります。“不動産会社へ行って要望を言えば、それに合った土地を紹介してもらえる”と、多くの人が思っていますが、そこには優先順位があること、見込み薄と思われると本腰を入れてもらえないことを知っておきましょう。

case01 まとめ 「不動産会社に行けば、いつでも土地を紹介してもらえるとは限らない」

case02 「建築費が減ると困るので、予算オーバーしないようにお願いしています」

少しでも高い土地を売りたいのが不動産会社です。

「土地の売買」が不動産会社の仕事

土地と建物をトータルな予算枠の中で考える、お客様にしてみれば当然のことです。しかし、不動産会社の立場はそうではありません。多少予算をオーバーしていても、買い主が探している土地の条件に当てはまれば、「これは買いですよ」と、まず勧めてくることでしょう。なぜなら、土地の値段の3%プラス6万円が仲介手数料となり、不動産会社はそれで生計を立てているからです。当然、高い土地を売れば仲介手数料は増えます。「土地を気に入って購入したら、建築費がショートしてしまった」というよくあるケースは、このように買い主の思惑と、不動産会社の思惑のズレから起こる場合が多いのです。

不動産会社はトータルの予算までは考えてくれません

どちらかと言えば売り主の味方です

もう一つ、予算よりも高い土地を勧められる時には、売り主側の意向が不動産会社に影響を与えている場合があります。売り主の多くは地主さんですから、不動産をたくさん所有しています。不動産会社としては一回きりではなく、継続的におつきあいしたい相手です。一方の買い主側は、大抵の場合一度きりのおつきあい。そうなればどちらの意向をより優先させるかは明らかですね。買い主の家づくりの総予算にまで、不動産会社がなかなか関知してくれない理由がそこにあります。

どちらかと言えば売り主の味方です

case02 まとめ 「建築費のことまで考えて土地を探してくれる不動産仲介会社はまれ」

case03 「土地探しなら、まずは不動産屋さんでしょ?」

それ以外の選択肢があることも知っておきましょう。

土地と家はなぜバラバラなの?

ここまで読んで下さったみなさんは、不動産会社は本当に土地のことだけなんだなと感じておられると思います。それは不動産会社が悪いわけではなくて、不動産(土地)と建築(家)は共に奥が深く、両方のエキスパートになることが難しいからなのです。

そのことは逆から考えてもよくわかります。こだわりの家を建てている工務店で、「土地は自分で探して来てください」というところはたくさんあります。そういう工務店は土地探しの難しさをよく知っているので、その部分を捨てて建築だけに特化しているのです。

両方と話すのは大変

安心な「不動産+住宅」の会社

「でも土地がないのだから、やっぱり不動産屋さんに行くしかないじゃない」とおっしゃるあなた。一度、建築部門と不動産部門を併せ持っている会社を探してみませんか?「不動産業の資格を持っています」ではなく、実務として2部門をしっかりこなしている会社です。そういう会社に、建築することを前提に土地を探してもらうのです。そうすればあなたがほしい間取りで建てられる土地を、総予算の範囲内で手に入れられる可能性はぐんと高くなります。

理由はもうおわかりですよね?「土地探し」というスタート地点から「新居の完成」というゴールまで、一貫して一つの会社が責任を持つからです。土地は土地、家は家ではなくトータルなものとして捉えるので、バランスが良く、ロスの少ない予算組みができます。フジケンもそんな「建築部門」と「不動産部門」とを併せ持った会社の一つ。しかも自社で土地を仕入れ、販売していますので、仲介手数料も発生しません。町の不動産屋さんに片っ端から声をかけてまわる前に、一度ハウジングサロンに相談に来られませんか?

どちらにも精通している会社なら…最初から最後までフォローできるから家づくりがスムーズ・安心

case03 まとめ 「土地は土地、建物は建物という固定概念を取り払ってみましょう」

家さがし応援講座

予算の落とし穴
不動産会社への勘違い
土地探しの落とし穴
住宅会社の選び方
まずは何から始めるべき?
買い時を逃がさないために
ページの先頭へ戻る

© FUJIKEN Co.,ltd. All Rights Reserved. フジケン 一戸建て 岡崎市